偏頭痛の定義と玉ねぎとの関係

偏頭痛の定義は、頭の片方もしくは両方のこめかみから目にかけて、脈を打つかのような痛みを生じます。一度痛みを感じた場合、その痛みは4~72時間程度継続します。
痛みは1~2時間程度でピークに達し、時には吐き気などを伴う場合もあります。毎日ではなく、時々起こるということも特徴の一つと言えます。
偏頭痛は、前兆のあるタイプと無いタイプに分けることができ、前兆のあるタイプは全体の2~3割程度と言われています。偏頭痛の前兆の定義としては、頭痛が起こる前に、目の前がチカチカと光る、視野の片方もしくは中心部が見えにくくなるというものです。また、手足のしびれや失語性言語障害が見られるときもあるようです。前兆は15~30分程度で消失し、消失した後には頭痛が生じます。
前兆のない偏頭痛の診断の際の定義としては、痛みの持続時間が4~72時間、頭痛が片側性・脈動性・中程度~重程度・日常的な動作により痛みがますなどの特徴に2つ以上を満たす場合、嘔吐・音敏感・光敏感がある、その他の疾患がないということがあります。
偏頭痛を誘発する可能性のある食品として、いくつかの食品が挙げられています。例としては、キムチや玉ねぎ、チョコレートなどがあります。玉ねぎを食べたからといって、すぐに頭痛が生じるというわけではありませんが、注意するに越したことはありません。痛みが頻繁に生じるという場合には、生活習慣や食習慣の見直しを考えるようにしましょう。玉ねぎは一般的には身体に良いとされている食品ですが、頭痛の原因になる可能性があるということを理解するようにしましょう。
なお、それに加えてストレス解消法を身に付けるということも意識しましょう。